重要な志望動機

ポイントを知り志望動機の完成度を高める

志望動機の意味を知ろう

志望動機は学校側に自分がその学校に入学したいという意志を伝えるための大切なものです。読み手側に伝わりやすい文章を心掛けましょう。

志望動機を書くときのポイント

女の人

推薦入試で大切な志望動機

学力テストがない推薦入試の場合は、この学校を志望した理由というのはとてもよく見られるものになります。志望動機の完成度を上げることで、より突破しやすくなるのです。

注意ポイントを押さえよう

志望動機で注意するべきポイントはある程度決まっています。そのポイントをしっかりと押さえ、読み手にとってわかりやすい文章を作成するということを心掛けましょう。

志望動機を書くときのポイント

読みやすい文章を書く

志望動機を書くときは、相手に読みやすい文章を書くように心掛けましょう。志望動機は小説のように文章表現を問われるものではないので、表現豊かな文章でも普段見ないような単語をたくさん使いすぎてしまうと相手が少し読みにくいかなと感じてしまいます。ポイントとしてストレートに伝わらない婉曲表現などはあまり使わないようにしましょう。ストレートな表現を多く使ったほうが志望動機としての評価は高くなる傾向にあります。

文末表現に気を使う

文の一つ一つが正しくてわかりやすいものだったとしても、終わり方がすべて同じようであれば、文章全体としては単調になってしまいます。同じ文末表現は連続で2回を目安にしましょう。「です。」や「ます。」は続きやすい文末表現ですので、変化をつけるような文章を書くとよいです。

自分を客観的に捉える

学校側はやる気や熱意のある人を取りたいと思うわけですが、やる気や熱意を抽象的に書いているばかりで、あまりにも自分を客観的に捉えられていないと感じるような人はよい印象になりません。自分の今の能力や技術を客観的に考えているような文章や、具体的にどのように実力をつけようと思っているのかも一緒に書きましょう。

矛盾した内容を書かない

文章を読んだときに、矛盾した内容にならないことも志望動機では大切です。矛盾までいかないまでも、一般的に筋がしっかりと通らないような内容は書かない方がよいでしょう。例えば英語の専門学校に対しての志望動機で、「ブラジルに旅行に行ったときに、言葉が上手く通じなかった経験から外国語を学ぶ大切さを知りました。」と書いたとしましょう。この場合、ブラジルは英語じゃなくてポルトガル語ではないのか、という疑問が浮かんでしまいます。書いた本人は旅行で英語を使う場面が多々あったとしても、読み手にはそこまでわかりません。このような疑問や矛盾が生じる文章を書くときは、読み手側がすっきりするような内容をかならず付け加えておきましょう。上記のような内容を書くならば、「ポルトガル語が公用語のブラジルにおいても、英語ができれば意思疎通できる場面が多々ありました。」というような内容を書けば、読む側も納得できるでしょう。

漢字を間違えない

漢字間違いはマイナス要素になってしまします。自分で推敲した文章の漢字が間違っていないかどうか、かならず他の人にチェックしてもらうとよいです。チェックしてくれる人がいなければ、文を細かく区切ってネットで検索を書けてみるとよいでしょう。検索結果で違う漢字が出てきたら調べ直した方がよいです。

何回も書き直そう

文章はその時はそれで大丈夫と思っていても、少し時間をおいてから読んでみるともっと上手い表現があるのではないかと思えてきます。何回も書き直すことでその度に読みやすい良い文章になるのです。合格のために、時間をかけて良い文章を作成しましょう。

構成の重要性を知ろう

履歴書

段落ごとに内容を分ける

志望動機の段落構成をどのように行えばよいのか書いています。これから志望動機の提出予定のある方はぜひ参考にしてください。

READ MORE

[PR]

医学部受験を成功させたいなら必見!
優良校を厳選公開♪

志望動機をcheckしておこう。
詳しく掲載されている。

[PR]

広告募集中